抑鬱亭日乘

 help

2020年12月4日(金)

風の中の牝雞

快晴。風寒からず。河岸を步む。綠陰步道の柵に尉鶲じようびたきの雌一羽あり。大鷺二羽。今朝は靑鷺の姿を見ず。輕鴨二十一羽。Amazonプライム・ビデオにて小津安二郎監督の活動寫眞風の中の牝雞を看る。

2020年12月3日(木)

名調子

晴天。朝風寒からず。コメダにて朝飯を喫す。八時半豐田學舍に徃く。現在完了形を練習す。晡下四齣の講義を終へれば日は旣に沒して殘照燦然たり。家にかへりてNHK-FM浪曲十八番に玉川奈々福と玉川太福が選びし初代春日井梅鶯、鹿島秀月、寿々木米若、初代東家浦太郎の名調子を聽く。

2020年12月2日(水)

秋立ちぬ

快晴。曉明河畔を步む。輕鴨十五羽。鷺の姿見えざるを不審に思ふやお待たせしましたと云はんばかりに靑鷺二羽相前後して飛來り一羽は輕鴨の群に交りたり。姑くして白き鷺四羽鵜六羽また飛來す。余は白鷺をこれまで中鷺なるべしと思ひしかど仔細に觀察すれば全長靑鷺とほゞ同じにて嘴と首と長ければ中鷺にはあらず大鷺なり。Amazonプライム・ビデオにて成瀨巳喜男監督の活動寫眞秋立ちぬを看る。この映畫の撮影地は凡て大瀧詠一が特定し、雜誌東京人二〇〇九年十一月號の映画カラオケのすすめにて報告したり。NHK-FM邦樂のひとゝき常磐津篇に常磐津光勢太夫の新山姥を聽く。午後母上を車に乘せ美容院に送り成城石井に立寄りて甘納豆を買ふ。溫暖頭痛を覺えるばかりなり。桂米朝著上方落語ノート 第一集(岩波現代文庫)を讀む。

2020年12月1日(火)

流れる

舊十月十七日。快晴。旬日雨なし。氣溫攝氏六度。川の畔を步む。靑鷺一羽川中に佇立するところに中鷺九羽川上より飛來して集へり。綠陰步道の山茶花を愛づ。輕鴨二十七羽。滿月西の空に沒せむとす。朝日新聞ちあきなおみ 沈黙の理由(新潮社)の著者古賀慎一郎の取材記事を讀む。齒科醫A氏を訪ひ定期檢診を受く。NHK-FM邦樂のひとゝき長唄篇に杵屋佐喜の二つ巴を聽く。Amazonプライム・ビデオにて成瀨巳喜男監督の活動寫眞流れるを看る。柳橋一丁目つたの家の屋内セットの見事さとその位置の正確なることは小林信彦著映画を夢見て(ちくま文庫)所收の流れる――架空世界の方位学に詳なり。晡時髮を理す。理髮師白髮を刈りつゝ染めてゐますかと突然問はる。余は如何なる化粧品をも用いざる旨返答するに、靑みがゝつた良い色の白髮ですねと云はる。