意味なし掲示板

HOME | SEARCH | LOG | DEL | MASTER | 12783
name
mail
site
icon 画像イメージ参照
message
投稿キー (5969 を入力)  削除キー
[No.723]   fromゆう 17/09/06/ (水) 13:06
ターコさんはお元気かしら。S先生の奥様、いこちゃん、ともこさんはお変わりないかな。どうか元気でありますように。
アイコン from ともこ 17/09/09/ (土) 15:54
およびでしょうか?お久しぶりです、ともこでございます。
最近はPCの前に長く座るのがしんどくて(PCは会社の仕事で沢山でございます)PCのメールのチェックも2〜3日に1度しかしておりませんで、こちらにもすっかりご無沙汰となっております。
ガラケーはまあまあ使えるのでダイジョウブ、と安心しておりましたら、ネット世界は最近色々とナニで、ケータイメールの同世代の友人からも非難される始末。すっかり体力も落ち、気力のないアタシは、スマホの世の中からどんどん取り残されていくようです。
ああ、遅くなりましたが、ゆうさん、お誕生日おめでとうございました(いつの話だ?)ますます、こちらの世界(どんな世界だ?)へとお近づきになりましたね。うれしゅうございます(泣)
また、寄せていただきます。皆様も夏疲れにお気を付けて…

アイコン from ゆう 17/09/09/ (土) 18:25
ともこさん! レスありがとうございます。お元気でよかった!
お仕事以外ではパソコンを使いたくないお気持ち、よくわかります。一日中ディスプレイとにらめっこではくたびれますものね。
スマホの世の中から取り残されるのはわたくしも同じです。スマホどころかガラケーさえ買ったことがありません。いまだにPHSです。IT業界のシーラカンスでございます。
誕生日お祝いメッセージありがとうございます。五十二歳になりました。ともこさんの世界に一歩近づきました。
気が向いたときにまた遊びに来てください。
アイコン from S先生の奥様 17/09/16/ (土) 23:39
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん!♪

9月になって「バックが目玉おやじみたいですね〜」と書き込もうとして、気がついたらもう16日でした!
今来ている台風が去ったら、久しぶりに自分の演奏会です〜
今からナーバスです・・・
アイコン from ゆう 17/09/17/ (日) 07:55
S先生の奥様だ! しかも大好きなハクション大魔王!
演奏会、きっとうまく行きますよ。¡Ánimo!
アイコン from S先生の奥様 17/09/24/ (日) 23:40
無事終わったよ〜ん♪

シゲルカワイを弾いてきたよ〜
まろやかな音だった〜(#^.^#)
アイコン from ゆう 17/09/25/ (月) 07:18
無事終わっておめでとう〜
シゲル・カワイって河合の最高峰ブランドね。
アイコン from ターコ 17/12/06/ (水) 13:24
お久しぶりです!ゆうさん、お誕生日おめでとうございます。一応年内なので祝ってみました。
お変わりありませんか?調子はどうですか?老眼なお年頃ですが本は読めてますか?
私も年相応にあちこち痛かったりしますが、うん!元気です。
今も薬は最低限飲んでいるものの、病気は良くなっています。
気持ち的には完治と言ってもいいくらいです。長い間生きている事に実感が持てなかった原因から解放されて生まれ変わった気分です。普通なら十代で気がつく事に今までかかってしまうなんてアホすぎてお恥ずかしい限りです。
ゆうさんにもいっぱいご迷惑をおかけしたような(冷や汗)も、申し訳ございませんでした(滝汗)
暮らしは横浜と新潟を行ったり来たりしながら終の棲家を探している所です。でも知人が夏は北海道、冬はセブ島、その他は首都圏な生活を謳歌しているのを見聞きして、しばらくはフラフラなままでもいいかと思っています。
かなり前になりますが「人生フル〜ツ」って映画を観ました。東海テレビでは地上波で放送されたのかな?いい映画でした
師走ですね。インフルにお互い気をつけましょうね。
アイコン from ゆう 17/12/06/ (水) 15:59
ターコさん! よく来てくださいました!
年内に誕生日を祝ってくださってありがとうございます。

病状が恢復して元気にお過ごしと伺い、我が事のように嬉しく思います。
薬が最低限に減って、生きている実感を取り戻せた……嬉し涙が溢れてきます。
気づくのが遅くたって恥ずかしくないですよ。重要なのは「気づいた」という事実に尽きます。
ターコさんから迷惑を受けたことなんか一度もありませんよ。逆にわたくしのほうが、十数年前失意のどん底ににあったとき、ターコさんのお情けにすがって大泣きしてご迷惑をおかけしました。

こちらは薬の量は減らず、頭は常に靄がかかったような相変わらず気持ち悪い日が続きます。老眼で小さな文字が読みにくくなったのとは別に、鬱のせいか本を開くと字面は目に映るのに意味がすーっと頭に入ってきません。そんなわけで半年近く読書から遠ざかっていましたが、先週あたりからリハビリのつもりで少しずつ再開しています。

『人生フルーツ』という映画は初耳でした。老夫婦の生活を描いたドキュメンタリーなんですね。

いよいよ冬本番の寒さ到来。くれぐれもお風邪など召しませんように。
[No.724]   from古いひと 17/10/03/ (火) 10:13
アイコン
とわずがたりは悪いことですが…。ジャンヌ・モローの逝去で、あっ、トリュフォー監督の映画を見直そうと思いながらもすでに2カ月を過ぎ、いまだに果たせずにおります。8月はちょっと北欧を旅しまして、封印していたスペインへの思いも再燃しています。あれやこれやでバタバタ。何事も漠然と思っているだけでは実現しないものだと痛感して、反省しきりです。
アイコン from ゆう 17/10/03/ (火) 12:10
問わず語り、いつでもOKですよ。
北欧旅行、いかがでしたか。わたくしはあいにく観に行けませんでしたが昨年十月に小島章司さんがオスロのオペラハウスで舞踊劇『Simulacrum/シミュレイクラム』を世界初演し、今年は四月にアメリカのヒューストンで再演、来月はパリのシャイヨー国立劇場でも上演します。そんなこんなでノルウェーには親近感を覚えます。
[No.722]   fromおのちん 17/09/03/ (日) 00:17
こんばんは。
先日(一週間ほど前)ちょっと思い立って、PEPE YUICHIRO FURUYAさんという方にFBメッセージを送ってみました。↑の方、たぶん昔よく知った方なのですが、残念ながらお返事を得られていません。
こちらではもしかしたら返事をいただけるかと思いつつ…。
from ゆう 17/09/03/ (日) 07:22
おのちん、おはよう。肩の具合はどうですか。
フェイスブックはアカウントこそあるけれどまったくチェックしておらず放置プレイです。ごめんね。
from おのちん 17/09/03/ (日) 15:02
肩は数日前に装具が外れて(右肩を吊った状態から卒業)、リハビリ一歩前進という感じです。日に日に肩の動きが改善していってはいますが、完治には3〜4か月かかると言われてるので気長にと思っています。
FBの件、2016年の投稿以降それきりみたいですね。苦笑
おの自身もFBはほぼ放置になりがちですが、オフラインで会うことが滅多にない人の消息が若かったりするので、時々覗いてみています。例えば最近、高校時代のSLDDのO方M穂さんの息子さんとアカペラ関係でFBつながりになったりでそれなりに恩恵を得てますよ。(^^)
from ゆう 17/09/03/ (日) 19:39
装具が外れて順調に恢復しつつあるんだね。よかった、よかった。
くれぐれも無理をしないようにね。
息子さんとアカペラ繋がりとはびっくりしました。
[No.721]   from古いひと 17/08/01/ (火) 08:43
アイコン
トリュフォーの「突然炎のごとく」、
TSUTAYAで借りられるかな?
アイコン from ゆう 17/08/01/ (火) 09:08
唐突な質問ですね。
TSUTAYAのサイトで検索してみてはいかがでしょうか。
[No.720]   from古いひと 17/07/31/ (月) 11:07
アイコン
しつこいですが、NHKFMで今年の夏も
「クロスオーバーイレブン2017夏」が8月7日から放送されます。
三十年以上前に、津嘉山正種さんのナレーションや選曲を
わくわくしながら聴いていた、若き日の思い出をなぞる楽しみがあります。

さて、少し前に巻頭言でフォントの話がありましたが
カラス口やポスターカラーを使ったレタリングや
レトラセットの転写文字でデザインした世代としては
昨今の安易なデザインで済ます風潮は苦々しく思います。

私は相変わらず万年筆で手紙を書いたりする
手書き派の生き残りです。
たしかにレタリングに興味があり
POP文字を書く人は極めて少ないだろうとは思います。
切り文字を発注したり、デザイナーへお金を払って依頼したりしない。
自分で入力した文字をちょこちょこっとレイアウトして
フリー素材を配置して、案内をつくってしまう。
まあ、それはそれで作る側の理屈があるのでしょうが…。
 
それでも私の心の声は叫ぶ。
自分で書けよ。自分で描けよ。
もしくはフォトショップを勉強しろよ、
フォトショップで自分で撮影した画像を加工してみろよ。
誰もができないことはわかるけれど
もしわずかでも向上心があれば
状況は変わるのだと
私は信じたい。

ただ、価値観の押し売りになるので
実際に口に出して話すことはありませんが。
あゝ。
アイコン from ゆう 17/07/31/ (月) 12:38
お好きなのですねえ、「クロスオーバーイレブン」。

昨今巷で見かけるチラシや広告やポスターのデザインはあまりにも醜悪で芸がなく、気が滅入ります。
有名人の顔のアップ。なんの工夫もないキャッチコピー。判で押したフォント。
プロのデザイナーは通りかかった人が思わず足をとめて見入るようなデザインを手がけたいと思わないのかしら。
[No.719]   from古いひと 17/06/06/ (火) 12:15
アイコン
6月6日はカエルの日で壁紙は蛙かな?と思ったら、
軍配はウサギに上がりましたか…。

ウサギというと作家の渡辺淳一さんを思い出します。
二兎追う者は一兎も得ず。
二人しか口説かなければ、両方にフラれるかもしれない。
7人でも8人でも十数人でも
たくさん口説けば、どれかが上手くいくだろう。
御説ごもっともと感服した記憶があります。
アイコン from ゆう 17/06/06/ (火) 16:15
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、ですね。
[No.718]   from古いひと 17/05/17/ (水) 14:50
アイコン
オレンジにコウモリ、あれハロウィンでしたか?

さて、タワーマンションの隆盛で昨今は「高所平気症」という子どもが増えたそうな。へえ〜。
でも考えてみると、田舎で川遊びしたり、海岸の町でいつも海で泳ぐひと昔前の子どもたちなら
足がつかない深い海中でも怖がらない「水深平気症」は少なからずいたはずだ。
巻頭言でしばらく前に「会食恐怖症」があったけれど、対人恐怖症は「広場恐怖症(アゴラフォビア)」に起源があるのかな。
スマホや音楽プレーヤーを手放せない若者の多くが恐れているものは何か?
「空き時間恐怖症?」それとも他者とのかかわりを避けたいヒトミシリストの「対人嫌悪症?」
どんな生き方をするのかはその人の勝手だけど、「空き時間平気症」や「面識なくても会話平気症」の人は増えてほしいな。
アイコン from ゆう 17/05/19/ (金) 07:55
たしかにハロウィンっぽい感じですね。
「高所平気症」は初耳です。高所恐怖症のタモリさんが聞いたら驚くでしょう。
[No.717]   from古いひと 17/03/29/ (水) 09:44
アイコン
巻頭言を拝見しますと、一昔前の「稲垣メンバー」という呼称を思い出しますなあ…。もっともこれは「稲垣容疑者」という表記を避けたもので、今回の事例とはちょっと背景が異なりますので、その点は注意が必要ですが。

それにしても「昭恵さん」という表記が、たしかに適切だと思います。英語で議長が「チェアマン」から「チェアパーソン」に変わって久しいですが、ここにきてLGBTへの配慮が浮上。化粧室の入り口では「Gender Neutral」や「All Gender」などと苦慮がうかがえます。「夫人というのは…」なんて言いがかりももはや焦点ボケで、時代はどんどん進んでいる気がします。
アイコン from ゆう 17/03/29/ (水) 10:05
古いひとさん、コメントありがとうございます。
「稲垣メンバー」、懐かしい。「稲垣氏」でよいのになあ。
LGBTはさらに進んでLGBTQと呼ばれ、タイでは性別の呼称が十八通りもあるそうで、面倒くさい世の中になりつつありますね。
[No.716]   from古いひと 17/03/09/ (木) 12:21
アイコン
ひとつ前の巻頭言は偉大なる投げかけでした。意味としては「オルタネイティブ・コミュニケーション・メソッド」の訳語が最適かなと思いつつ、知恵を絞りだせないかトライしてみましたが、「非母国語」くらいしか思いつかないボキャ貧です。
外国語の呼称は私もいくつか不思議に思っていて、ラテン語族はイタリア語とかスペイン語などと多少の区分があるのに、中国語を中国語って総称するのはどうなのだろう?韓国語では「ハングル語」という誤解を目にすることもあり、日本語なら「あいうえお語」なんて絶対に言わないだろうと悲しい気分になったり。日本人ってあまり突き詰めないのですかね?平成の世に福沢諭吉が生きていれば、素敵な訳語がいくつか生まれそうな気もします。まあ、そんなことを言わずに2000年代を生きる私たちが頑張らないと!

話は変わりますが、わたしの職場には「たまたま日本語を話す宇宙人」みたいな人がいるので、言葉ってなんだろうと真剣に悩んでしまいます。どんな人かを説明するのは難しいのですが、例えていうと「1+1は何ですか?」と質問して、「う〜ん、青かな」と答えるような人です。
アイコン from ゆう 17/03/09/ (木) 12:40
古いひとさん、コメントありがとうございます。
「母語以外の言語」をうまく言い当てる言葉、思いつきませんよね。妙案が浮かばず隔靴掻痒の感があります。
「中国語」という呼称はご指摘のとおり大雑把ですね。各地で話される言語はお互いに通じないほどの違いがあるのに。「中国語」とはすなわち「北方方言の語彙と北京語の発音にもとづく中華人民共和国の共通語すなわち普通話」のことなのでしょう。
「ハングル語」も頓珍漢で困ります。「朝鮮語」でよいと思うのですが。韓国の人も北朝鮮の人も同じ民族、言語なのですから。

「たまたま日本語を話す宇宙人」、じつは我が家にもいます。八十歳を超えた男でわたくしの血縁。会話はほぼ成立しません。
[No.715]   fromターコ 17/02/25/ (土) 16:03
アイコン
お久しぶりです。しばワンコと共に季節の移り変わりを探しながら歩数をのばし、ダイエットの足しにしている毎日です。スマホアプリの(あすけん)を使って食事と運動を管理していますが、これオススメです。管理栄養士さんの細かなアドバイスのおかげで体調が良くなりました。
さて昨日は村上春樹の新刊発売日でございました。長編読むのは面倒くさいと思いつつ、午前中のうちに本屋に足を運んでしまいました。「今日発売なのもプレミアムフライデーだからかな」と何気なく夫に呟いたら「プレミアムって保険料のことだよ。」ですって。なんでも損害だろうと生命だろうと保険会社に支払うお金は夫が就職した頃からプレミアムと呼んでいたそうです。ちなみに外資です。最近プレミアムと言う言葉が特別感なニュアンスで使われているのに違和感がなかったのか聞いたら、別に深く考える必要もない。と言われてしまいました。考えたら一万円くれるなら考えるそうです。
新刊はまだ読んでいませんが、たぶん今までとはおばちゃんになったぶん、違う視点で読めそうです。
アイコン from ゆう 17/02/25/ (土) 16:10
ターコさんはお元気かしらと、ちょうどこの掲示板に書こうと思っていたところでした。お元気そうで何よりです。近況をうかがってほっとしました。ワンコちゃんとてくてく歩いて健康増進、よいですねえ。わたくしも毎日三十分速歩に励んでおります。
「プレミアム」という言葉については今月八日にトップページの巻頭言で触れたばかりでした。
さすがハルキストのターコさん、『騎士団長殺し』を発売当日に購入したのですね。
アイコン from ターコ 17/02/25/ (土) 22:53
「ハルキストではありません。」と言っているのですが私の知り合いは誰も信じてくれません。ファンタジーが好きで高校生の頃からずっと読み続けているだけなんです。娯楽として読み作品を掘り下げもしないし語ったりもしてません。村上春樹と同じマウスパッドを使っていたり、柴犬の名前をハルキにしようかと一瞬頭をよぎったりもしましたが、ハルキストではないしひょっとするとファンでもないです。
本当です。
アイコン from ゆう 17/02/26/ (日) 08:46
これはこれはたいへん失礼いたしました。
ファンタジーがお好きと伺って、たしか『ハリー・ポッター』シリーズもお好みだったと思い出しました。
アイコン from ターコ 17/02/26/ (日) 13:28
ハリーポッターを英語で読めていたら、ファンになっていたかもしれません。上橋菜穂子と小野不由美が日本人で良かった。
仕事柄たくさんの本をお読みになると思いますが、純粋に娯楽として読み続けている作家やジャンルってありますか?
アイコン from ゆう 17/02/26/ (日) 18:09
うん、日本人でよかった!
小説はむかしからどうも苦手で──夏目漱石や樋口一葉は大好きなのですが──、純粋な娯楽として好きな作家は高橋源一郎と多和田葉子。読むたびにワクワクします。リービ英雄も。ミステリーとかファンタジーとか特定のジャンルに対する好みはありません。
アイコン from ターコ 17/02/27/ (月) 23:36
読むたびにワクワクするっていいですね!今決めました。今年はワクワクします。ありがとうございます。
アイコン from ゆう 17/02/28/ (火) 07:57
どういたしまして。ワクワクしましょう!
古いカキコ
エース
© 2000-2017 theatrum-mundi.net