四字熟語

現在の登録数 

余韻神業

鐘や楽器などを鳴らさずに余韻だけ響かせる超人的な技。ドーナツの穴だけ作るのに匹敵する至難の業。

7月13日18時4分
ゆう


出席無口

授業に出るのは出るのだが、当てられると困るのでひっそりと目立たないようにしていること。

7月13日13時54分
でんでん


野鶴安住

何ものにも束縛されず自然の中でゆうゆうと暮らす境遇をたとえる四字熟語「閑雲野鶴」(かんうんやかく)を大衆向けにわかりやすく言い換えたもの。

7月10日16時34分
ゆう


会話全部

会話は、聞くならすべてをきちんと聞いてからコメントしたり反論したりすべきだ、ということ。中途半端に聞いて、思い込みでものを言うのは、迷惑だしみっともないことこの上ない。

7月10日12時36分
でんでん


自助霧中

他人の力をあてにせず独力で切り抜けようと無我夢中になりすぎて五里霧中になること。

7月5日11時17分
ゆう


親方地裁

親方だけが訴えを起こせる裁判所。これでは不公平だ、ということで、今月からは親方以外が親方を訴えることもできるようになった。

7月5日9時49分
でんでん


判決無宿

流しの裁判官。

7月5日8時57分
ゆう


粉砕金庫

何かを粉々に砕くために使われる金庫。金庫そのものは丈夫で決して壊れない。悪いやつの野望に気づいたのでそれも粉々にしようと思ったところ、たまたま金庫に10万円入れていたためにいつもより重くて持ち上がらず、打ち砕くことができなかった。だが、落ち着いて考えてみれば、野望は金庫に入れて鍵をかけ、10万円を外に出しておけばよかったのだった。次からはそうしよう。

7月4日22時21分
でんでん


微弱改心

今までのことをほんの少しだけ反省し、誰にも悟られない程度に心を改めること。

7月4日11時23分
ゆう


年中新潟

新潟県および新潟市の住民が、自分の自治体が一年間を通じて常に新潟であり続けることを誇って言う言葉。他の自治体には到底望むべくもない境地として垂涎の的である。中には冬の豪雪を嫌って「年中新潟、冬だけハワイ」などと言う者もあるが、大方の支持を得ていない。

7月4日10時38分
たこ焼き村


三角上流

上流に三角州がある河川。極めて珍しい。

6月24日7時22分
ゆう


複写退学

(1) カンニングがバレて退学処分になること。(2) 教科書として購入を義務づけられた教授の著書をコピーしたことがバレて退学処分になること。(3) 他人の退学をそっくり真似ること。(4) 複数の写真が退色する複写退現象を研究対象とする学問分野。

6月23日21時47分
たこ焼き村


清濁事業

清掃業者の失職を防ぐために導入された事業。清掃業と汚染業を兼務する。

6月23日19時53分
ゆう


円滑形容

なめらか

6月23日16時42分
ラッサナ


母屋転嫁

母が屋根の上で嫁をころがすこと。

6月23日7時30分
ゆう


独房皮肉

一人だけの房に入れられ寂しいなつらいな、と思っていたところ、よその房でクラスターが発生して、俺は独房でよかったあ、と思うこと。人生何がどう転ぶかわからないので、常に今の状態を感謝するのがよい。

6月22日22時10分
でんでん


報酬雑然

労働に対する謝礼がベルマーク、金のエンゼル、書ける石などがごたごたと入り混じってまとまりがないこと。

6月19日19時11分
ゆう


魅力平成

あの人、素敵なのは素敵なんだけど、その素敵さがなんというか、平成なのよね。もう令和なんだから、これからは令和な魅力でないと。

6月19日17時37分
でんでん


狂喜悪名

悪人としての名声が高まり気が狂いそうになるほど喜ぶこと。

6月14日16時37分
ゆう


断水街道

どこまで行っても水がない道。

6月14日14時27分
でんでん


音頭特技

「イエロー・サブマリン音頭」「ナイアガラ音頭」「クリスマス音頭」「Let's Ondo Again」など舶来の流行唄を次々と音頭に仕立てた大瀧詠一の得意技。

6月13日16時37分
ゆう


裏腹敷布

不眠症のひとつ。腹の裏側がシーツになっている、またはシーツが自分の腹の裏側にある感覚。

6月13日15時30分
たこ焼き村


悪役生物

当人に悪気はないのに悪者扱いされる生き物。ゴキブリ、シロアリなど。

6月12日7時43分
ゆう


飛耳当時

赤ちゃんはコウノトリが運んで来ると思われていた時代。ダンボが世に出た時代。

6月11日23時7分
ラッサナ


平易無法

平気の平左で法を破る安倍晋三とその取り巻き連中。

6月11日18時15分
ゆう


一触入浴

ちょっと触れたらすぐにお風呂に入って全身を洗わなくてはいけないこと。他人に触れたり、手すりやドアノブに触れたり、どこに危険なウイルスがくっついているかわからないので、とにかくお風呂が大事。皆がお風呂に入りすぎて、きれいになるのはいいのだが、ついごしごし洗う人も増え、肌荒れ対策のクリームやローションがバカ売れ。ついでに外出時に着た服も全部洗い、鞄も毎回洗い、メガネも財布もクレカもスマホも毎回洗って、財布はボロボロになるしスマホはうっかりすると水没して壊れるし、とっても大変。アマビエ様のお守りだけはそこまで洗わなくてもいいのだが、ついごしごし洗った結果、アマビエ様がただの人魚になってしまう人も多いので要注意。

6月11日11時46分
でんでん


強力洗髪

ウランなどの原子核が分裂するときのエネルギーを用いて髪を洗うこと。原子力洗髪。

6月11日7時28分
ゆう


万稼五入

一万円稼いでいるのに五円しか入金されないほど「中抜き」がひどいこと。

6月11日0時39分
たこ焼き村


鉄心悠仁

(1)鋼のような心を持つ悠仁親王。(2)鉄には心があると信じる悠仁親王。

6月8日7時28分
ゆう


年収読者

他人の年収を集めた本を愛読している人。ボーナスや印税なども書かれていて、好きな人にはたまらない本だが、書かれたほうは…たまらない。

6月8日0時2分
でんでん


氏名芝生

「しば・すすむ」という名前。

6月7日7時26分
ゆう


食料不用

1.断食道場 2.(絶対無理なのに)一ダイエット療法

6月6日23時43分
ラッサナ


窓開破壊

(1)窓を開けて家に侵入しようとしたが鍵がかかっていたので窓を壊して入ること。 (2)窓を開けようとしたのに力の加減を間違えて壊してしまうこと。 (3)窓を開けようとしたらなぜか家がガラガラと全壊してしまうこと。 (4)うっかり窓を開けたら地球全体が壊れてしまうこと。

6月6日21時10分
でんでん


城門絶倒

何度建て直しても絶対崩れる城の門。

6月5日6時59分
ゆう


配布笑顔

「ずっと待っていたマスク2枚がやっと届いた〜」とニコニコすること。

6月4日22時5分
でんでん


名目洋食

日本でしか食べられない似非西洋料理。スパゲティ・ナポリタンなど。

6月2日16時22分
ゆう


決意決心

絶対やるぞ!と強い意志を持って心に決めること。

6月2日16時8分
でんでん


本名綿密

誰も信じてくれないが「わた・ひそか」という実名であること。

6月1日20時21分
ゆう


騒音宅配

一人暮らしの人が在宅勤務になり、寂しすぎるので騒音でも聴きたいと思ってもバイクも通らないので、ネットで注文して家に騒音を届けてもらうこと。5,000円程度払えばなかなか立派な騒音が届く。ただし、玄関の前に「置き配」してもらうと近所迷惑になるので要注意。

6月1日19時44分
でんでん


煙突爆破

太りすぎたサンタクロースに許される唯一の家屋侵入方法。

5月29日5時28分
ゆう


送付何時

メールで仕事の納品をするとき、何時までという細かいところまで決めておかないとあとで困ることがあるということ。また、皆がメールなどで送るようになって郵便がややすたれてきたのか、ポストに貼ってある、集める時刻が午前中で終わっていたりするところもあり、そこも普段から気をつけておかないと、投函はしたもののその日の消印がつかなかった、なんてことになりかねない。また、誕生日やバレンタインデーのプレゼントなどは到着希望日を考え、集荷時刻を意識して送る必要があるし、時差のあるところにメールで「あけおめ」などと送りたいときも時刻を考えないといけない。これだけ便利な世の中になっても、いつも「送るのは何時(まで)」を考えて生きないといけないのだ。

5月28日21時58分
でんでん


血潮貧者

献血で生計を立てる者。

5月28日17時30分
ゆう


眼下黄金

名古屋城の上空を通過する時。

5月28日15時29分
ラッサナ


楽々氷水

氷を溶かして水にするのは赤子の手をひねるより容易であること。

5月28日13時18分
ゆう


五輪中途

コロナでオリンピックが延期になり、でも本当に来年できるのかもよくわからない、ということ。

5月28日11時50分
でんでん


壮絶機構

新型コロナウイルスの蔓延による生活困窮者を経済的に支援するために設立された組織。申請書は日本海溝最深部で配布し、受付窓口は富士山頂にある。

5月28日8時24分
ゆう


本当九度

「お前、8度も空き巣に入ったのか?」「は、はい、その通りです」と、1回分ごまかすこと。

5月27日21時5分
でんでん


黒幕馬鹿

黒幕は俺だと吹聴して歩く愚か者。

5月27日6時58分
ゆう


給仕見解

旦那様はあれだな、塩分摂りすぎ。たくあんまで醤油に浸して食べるんだもん。奥様はね、朝から晩まで食べてばっかだよ、そりゃ太るわさ。

5月26日23時2分
S先生の奥様


検査実状

PCR検査の精度は今のところ高くてもせいぜい70%程度なので、過度な期待は禁物であるということ。

5月12日14時20分
ゆう


河童名論

柳田國男の著書「故郷七十年」の中の駒ヶ岩の河童「ガタロ」。今はガタロウ、ガジロウが兵庫県福崎町の有名河童。

5月12日13時27分
ラッサナ


人相靴下

はくと顔つきが変わる靴下。

5月4日7時27分
ゆう


誘拐残金

子供をさらって身代金をせしめたが、脅迫のための電話代、さらった大食いの子供の食費、キャラクターものの子供用パンツ、ブランド物の子供用Tシャツと靴、マスク、トイレットペーパー、消毒用ジェル、宿題のドリル、漫画、ゲーム、テレビなどを買う費用や、テレビを買ったことで必要になったNHKの受信料、受け渡しに使うドローンや逃亡に使う車の購入費やレンタル費用、途中で愛人にせがまれた口止め料、留守番する猫の餌代、その他もろもろの費用を払ったあとで残ったわずかな金額のこと。ここからうっかり所得税を払ったら何も残らない。

5月4日1時38分
でんでん


元祖不覚

禁断の果実を食べてしまったイブのこと。

5月1日16時27分
ゆう


十個出勤

普段はね、三十個出勤なんですよ。でも、こういうご時世ですから。通勤は人間だろうが犬だろうが猫だろうがカラスだろうがヒアリだろうがバッタだろうが黄砂だろうが段ボール箱だろうがみんなマスク必須。でも、三十個が電車に乗ったらマスクをしていてもやっぱり危ないので、ここは交代でおうちにいようということで十個ずつ出勤してるんです。で、たまに「家にいるあいつの仕事がらみの電話が来たけど詳細がわからない、それの関係書類はどこだ」とか「しまった、休んでいる上司のハンコがもらえない」とか、じたばたしているというわけ。早く三十個そろって出勤できるようになるといいのになあ。

5月1日16時9分
でんでん


体重出世

体重がどんどん増えていくこと。

4月30日18時56分
ゆう


人妻丸薬

飲み続けると徐々に人妻になる薬。自己判断で途中で止めたりするととんでもないことになるので注意。

4月30日16時22分
S先生の奥様


他人尿意

ほかの人の尿意を催すこと。

4月29日13時28分
ゆう


鉛筆論文

いつでも消せる論文。

4月29日11時22分
でんでん


粗忽寒波

気温が上昇する一方のそそっかしい寒波。

4月26日7時38分
ゆう


畑作占術

春に苗を植えて、秋に実ればその年は豊作、実らなければその年は不作とする占い。不思議とよく当たる。

4月26日1時10分
S先生の奥様


物質弁当

原材料に反物質を一切含まない弁当。

4月20日7時42分
ゆう


児童薬店

こどもだけが買えるくすり屋さん。ちっちゃいマスクも売ってます。

4月19日20時35分
でんでん


唯唯自賛

他人の意見に従って少しも逆らわない自分に賛辞を惜しまないこと。

4月19日15時55分
ゆう


作業逃腰

いや、やらないといけないのはわかってるんですけどね、万が一新型コロナウイルスがついてたらまずいなって思うと、なかなか手が出なくて。

4月19日15時28分
でんでん


中途驚嘆

半分だけ驚いて感心すること。

4月18日9時32分
ゆう


朝刊窮地

地球温暖化のせいかバッタ襲来のせいかヒアリ大暴れのせいか新型コロナウイルスのせいかはわからないが、なぜか朝というものがなくなってしまい、新聞の朝刊が売れなくなること。

4月18日9時19分
でんでん


当意翌年

その場で即座に考えたり工夫したりするのは来年にしようと決めること。

4月15日12時57分
ゆう


配布引取

布マスクが2枚届いたのでもらうこと。

4月15日12時43分
でんでん


母校学生

出身校に在籍して今も教育を受けている人。

4月13日19時28分
ゆう


花粉勤務

新型コロナウイルスが怖くて人間が働きにいけないので、代わりに花粉が会社や役所などに行って働くこと。たまに超過勤務でぼろぼろになる花粉も出てくるが、なにしろ人間ではないので労災は下りない。そればかりか、労基署で働いているのは全員花粉だったりするので、話にならない。コロナを恐れ、人間のようにマスクがしたいなあと思い始める花粉もいるが、人間サマだってなかなか買えないマスク、花粉がドラッグストアに並んだって売ってはもらえない。しかも、よく考えると日本国民ではないので、国から布マスク2枚をもらうことさえできない。疲れても飲みにもいけない、悲しい花粉たちの毎日。

4月13日19時5分
でんでん


海賊未練

林野庁職員、システムエンジニア、茶道家元などのかたぎの男が七つの海を股にかけて暴れ回った過去の栄光を諦めきれないこと。

4月10日8時4分
ゆう


破局提出

離婚届。

4月10日0時20分
でんでん


著者浅薄

生半可な知識や薄っぺらな考えに基づいて書物を執筆すること。また、そのような人。世に流通する本の九割以上に相当。

4月7日20時17分
ゆう


出勤配分

会社に行く回数や出社時刻を社員の間でうまく振り分けること。

4月7日18時28分
でんでん


悲劇先憂

いつ悲劇に見舞われてもいいように常に先立ってあれこれ心配すること。

4月7日15時53分
ゆう


空巣通信

空き巣狙い仲間で作っている新聞。どこが盗みやすいか、バールのようなものはどこで買えるかなどの情報が満載で、泥棒仲間の間ではとても重宝されている。掃き出し窓、腰高窓、上げ下げ窓など、(侵入口としての)窓の種類の解説も素晴らしい。

4月7日12時34分
でんでん


理窟渡辺

こじつけた論理をふりかざすのは決まって渡辺であるという偏見。

4月7日7時21分
ゆう


法廷交流

裁判中に裁判官と被告人と検察官と弁護人と書記官が仲良くなること。廷吏さん(地裁なら)と通訳人(外国人事件なら)もお忘れなく。裁判員裁判の場合は、裁判員も。そして、ときには証人も。仲良くなりすぎてそのまま皆で一杯飲みにいき、意気投合しておしゃべりするのはいいが、長時間の濃厚接触で新型コロナウイルスをうつしたりうつされたりしないようにしないと、翌日の新聞の一面に載ってしまう。

4月6日21時51分
でんでん


大嫌砂浜

砂が堆積した海岸を蛇蝎のごとく嫌うこと。また、そのような生物。フジツボ、カニ、ウニなど。

4月6日6時59分
ゆう


電話若者

会ったら年寄り。…ごくたまにいるんですよね、声だけわかい年配の弁護士さんとか。

4月5日23時45分
でんでん


懸命金権

金に物を言わせて権力を握ることに命をかけること。自由民主党の党是。

4月5日7時37分
ゆう


家族迫害

お前んちの父さんが働いてる病院で、新型コロナウイルスの患者が出たんだってな。しっしっ、あっち行け。お前なんかと遊んでやらないもんね。ばっちいから。えーんがちょっ。

4月4日23時55分
でんでん


徒食解散

何も仕事をせずぶらぶら過ごして時間が来ればお開きにすること。またそのような集まり。別名国会。

4月4日11時23分
ゆう


初日黙殺

最初に新しいウイルス感染が報告された日は知らん顔をすること。

4月4日10時57分
でんでん


笑止姉妹

阿佐ヶ谷姉妹の異名。

4月1日8時55分
ゆう


公言気狂

みなさーん、ワタクシは××××でーす! ほにゃれがべんこんぴー!

4月1日8時11分
たこ焼き村


危地失意

危険な場所だというのでアクション映画のヒーローのような体験ができると思ったのに平穏すぎてがっかりすること。

3月31日12時46分
ゆう


要求狼狽

「えっ、家から出ちゃいけないの?どうしよう」とかそういうの。

3月31日12時24分
でんでん


反則清掃

ホテルの客室清掃員が作業をすべてルンバにまかせること。

3月29日17時49分
ゆう


強盗矢印

「強盗するなら銀行はこちら」という矢印。ただし、やり方が下手だと「刑務所はこちら」という矢印に従わなくてはいけなくなりますけどね。

3月29日17時37分
でんでん


同日年賀

「あけましておめでとう」と挨拶するからには年が明けた元日当日に年賀状を書くべきであること。

3月28日20時29分
ゆう


東西泥棒

東と西を盗むこと。これをやられると、北と南だけになるので、関東も関西も存続できなくなる。

3月28日20時19分
でんでん


落第何処

「落第したいのですがどこに行けばいいですか」と人に尋ねること。

3月28日7時27分
ゆう


子供手当

子供にだけ国から支給される手当。おいしい話だと思って、子供になる大人が続出、大人がいない国になってしまい、危うく国が亡びるところだった。最近では似たものに「猫手当」というのがあり、これもまた、おいしいと思って猫になる犬が続出中。犬ばかりかカバもサイもキリンもコウモリもヘビもバッタも金魚もコロナウイルスもみんな猫になるので、国はいくらお金があっても足りなくなっている。仕方がないので、現金の代わりに「マタタビ券」という商品券を手当として出そうか、という案も出ている。

3月27日20時27分
でんでん


転嫁平気

心穏やかに嫁をころがすこと。

3月27日12時37分
ゆう


隣人担保

隣の人を質草にしてお金を借りること。隣の家の人でもいいし、ジムで隣のマシンを使っていた人でも、電車でたまたま隣に座った、全然知らない人でもいい。ただし、質草に使ったその人が新型コロナウイルスを持っていた場合、お金を貸してもらえないだけでなく、損害賠償金を払わされることもあるので、要注意。

3月27日12時27分
でんでん


簡単麗句

本日(2020年3月24日)現在で登録数が6843に達したこの四字熟語データベースを検索すれば美しく飾った調子のよい文句を誰でもたやすく使えるということ。

3月24日18時22分
ゆう


適当磁石

きまぐれな磁石。日によって、NとSがくっついたり、NとNがくっついたり、木材にくっついたり、プラスチックにくっついたり、新型コロナウイルスにくっついたりする。

3月24日17時46分
でんでん


拡散大嫌

新型コロナウイルスがこれ以上広まるのを嫌って全身を防護服で覆うこと。また、そのような人。

3月16日7時15分
ゆう


四字熟語 by micky
©2000-2020 theatrum-mundi.net