スペイン演劇

むかし、荘周は蝶になった夢を見た。
思いのままに舞うのは愉しく、自分が荘周であるのを忘れた。
ふと目覚めると、やっぱり荘周である。
荘周が蝶になった夢を見たのか、蝶が荘周になった夢をみたのか。
荘周と蝶は別だろう。これを物化という。

───荘子